読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

桜は散っても夢は散らない!目黒の桜道から五反田のラブホテルまで移動できるか検証してみた。

もうずいぶん前の話だが、僕の性欲がまだ旺盛だった頃、五反田のラブホに誘って断られたことがある。五反田でお好み焼きを食った後、おもむろにラブホ街に向かって歩き、精一杯の勇気を込めて聞いた。 「な、何もしないから、ちょっと寄って行かない?」 無…

「完璧を目指すよりもまず終わらせろ」的なノリで、ツイッターのグルメ情報まとめサイトを作ってみました。

ツイッターで紹介されているグルメ情報のまとめサイトを作ってみました。→タグログ - ツイッターで話題のお店が探せるグルメサイト ハッシュタグ、最寄り駅、ジャンル別に整理して、店情報を探しやすくしたつもりです。 ハッシュタグ付きで紹介されていたお…

ウォールストリートの狼、いい女とヤるために神に祈る

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は胸焼けする映画だった。一部の界隈でカルト的な人気があり、前から気になっていたのでDVDを借りて観てみることにした。が、この映画はなかなかひどい。 金金金、女女女、ドラッグ、浮気、不倫、逮捕、なんでもアリの…

ナタリーの「新しい文章力の教室」を読んで、自分の文章の未熟さを反省した。

少し前にネットで話題になった「新しい文章力の教室」という本を読んで、僕は自分の文章力の未熟さを恥じた。「新しい文章力の教室」は、ニュースサイト「コミックナタリー」の新入社員向けのトレーニング向けプログラムを書籍化したもので、本の中には文章…

恋愛に関しては中途半端な善人であるよりも、むしろ清々しいカスであれ。

30歳を節目に、山中達郎は過去と決別しようと考えた。 女にだらしなかった過去の自分を反省し、もう二度と軽率な行為はするまいと誓った。デート相手には誠意を持って接し、身体の関係を持ったからといって、疎遠にしない。 相手が求めない限りは誘うことも…

どん底から人生の逆転をかけてGoogleインターンに挑戦する映画「インターンシップ」がめちゃくちゃ面白かった。

正直言うと、Google社員が羨ましい。大学みたいに広々としたオフィス。 遊び心に溢れた仕掛け。無料で使えるカフェと食堂、昼寝スペース。 会社員でありながら、彼らはなんて自由そうなんだろう。Googleはインターネット時代に無くてはならない「検索サービ…

オフ会の店をケチってはいけない。

久しぶりのオフ会に胸が高鳴った。 ご察しの通り、僕はほとんど飲み会に誘われない。リアルでもネットでも、基本スタンスは引きこもりだ。二週間前の話だが、久しぶりにツイッターの人と飲みに行くことになった。1年前から知り合いだった女子ツイッタラーと…

【格安SIM】ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える方法をケチな信長に説明してきた!

猿!これはなんじゃ! 殿!いかがなされましたか!? わしが無駄遣いが嫌いなことは知っておろう! 殿!この猿にお任せくだされ! いま流行りの格安SIMを使うのです! 格安SIMとはなんだ? スマートフォンの横に小さい穴があるのがおわかりでしょうか? この…

ブログを資産化するなら「無料ブログ」がいいか、あるいは「独自ドメイン+レンタルサーバ+WordPress」がいいか論争について考えてみた。

このブログが非表示になったとき、その絶望的な気持ちをツイートしました。これは死ねる... pic.twitter.com/YkPtX2PElQ— ヒデヨシ (@cook_hideyoshi) 2017年3月30日 すると、このツイートを見た方が「だから無料ブログはダメなんだ。ブログを資産化したいな…

はてなブログ凍結の原因となった「商標権の侵害」について調べてみた。

「Blog is not found」の文字を見たとき、背筋が凍った。俺の遺言が、本当に遺言になってしまった...なんてシャレを言ってる場合ではない。ブログが見れないのである。2014年11月から書き始めたこのブログには、特別な思い入れがある。 あるときは街角でアン…

ウェブの物書きに必要なのは、愛と敬意と想像力

~名著「沈黙のWebライティング」 episode5より~ 経営不振に陥ってしまった旅館を立ち直すため、サツキとムツミはウェブサイトのテコ入れを行っていた。ウェブからの集客を向上させるための方向性が見出だせず、四苦八苦していたところに現れたのが、世界最…

恵比寿のカフェ難民を救うことで話題の「Pile Cafe」が穴場すぎて最高だった。

東京は人が多い。 週末にカフェでゆっくりしようと思っても、昼時はどこもかしこも満席だし、平日の夜も意識の高いサラリーマンで溢れてる。僕たちはいつも、ゆっくりするためにカフェを探しているのに、空いてる席すら見つからなくてうんざりしてしまう。 …

「好きな人に対する男の行動は?」の回答が「遊園地デートに誘ってくる☆」なのはちょっとおかしい。

「男 好きな人 行動」なんて検索するときは、「好かれている気はするけど確信は持てない、勘違いだったら嫌だし...」なんていうかなり微妙なときだから、「毎日連絡がくる☆」なんていう誰だって分かるような事書いてんじゃねーぞブッ飛ばすぞ と、鍵アカウン…

【チア☆ダン】人生を充実させるコツは、目標を立てることと、努力してそれを達成すること【観てきた】

人生の半分を、バスケ部として過ごしてきた。 小学3年生のときに親の真似してバスケを始め、中学、高校、大学と毎日練習してきた。「目標は全国制覇だ」なんて言えたらカッコいいんだけど、あまりに非現実的な目標は人をモチベートしない。実質的な目標は県…

表参道の花が咲くカフェ「ニコライ・バーグマン」に行ってみたけど、あまりの場違いっぷりにおっさん困惑。

とどまることを知らない僕のカフェ熱は、表参道まで届いた。ほんのりかすんだ早春の空に、爽やかな風が吹きわたる日曜日の午後。 僕は全身ユニクロで、表参道を歩いた。目指すカフェの名は、ニコライ・バーグマン。 人っぽいが、これはカフェの名前である。…

東京タラレバ娘7巻から得られる教訓は、優しくて誠実なだけの男は、結局浮気されて振られるということ。

「東京タラレバ娘」という漫画がある。 ドラマ化するほどのヒット作品で、知っている人も多いだろう。ざっくり言うと、アラサー婚活女が「あの時の彼がもう少しダサくなかったら...」 「あの時の彼とうまくいってれば...」などとタラレバ言いながら、うだう…

オナニーを禁止して人生が前向きになった話

雨の日も 風の日も病める時も 健やかなる時もそして、初めて彼女ができた日も 初体験の日も 一日も欠かさずにオナニーを続けてきた。 オナニーは僕の人生であった。僕の人生はオナニーによって育まれ、オナニーと共に生きてきた。 しかし、である。ふと立ち…

休日の朝ゆっくり読書したい人にとって、汐留のエクセルシオールは最強だということは改めて強調しておきたい。

よく晴れた日曜日の朝。シャワーを浴びて、歯を磨き、お気に入りのセーターに着替え、iPadをバッグに入れる。 自転車をこいでカフェに向かい、コーヒーを飲みながら読書する時間は、一週間で最も幸せなひとときだ。 心が洗われるような気分になる。僕は東京…

高校生の男女交際を不純異性交遊などと言う教師はたぶん童貞。

「ぼくは勉強ができない」という短編集を読んで思ったこと。男子高校生の時田秀美は登校途中、コンドームを落としてしまった。 時田が落としたコンドームを見つけた学年主任の佐藤先生はコンドームを見つけ、怒り狂った。「時田、おまえという奴は───...!!…

「下克上受験」見て、未来の子育てをシミュレーションしてる。

金曜夜10時からやっている「下克上受験」というドラマが面白い。 学歴がなくて苦労したお父さんが、娘に自分と同じような道を歩ませたくはない!と奮起。娘の偏差値は50にも満たない状態だが、父と娘で一緒になって勉強し、偏差値72の難関中学合格を目指すと…

藤沢数希さんの「損する結婚 儲かる離婚」は「離婚の教科書」として読むと、とても有用な情報が散りばめられてる。

名著の条件が人の感情を揺さぶることならば、この本は間違いなく名著だろう。 愛する彼女がいて、日々彼女の愛に感謝して生きている男の人がこの本を読めば、藤沢さんの主張はとても受け入れがたく、腹立たしく感じるものに違いない。 一方で、愛など既に冷…

MB著「毎日コーディネート塾」で紹介されているアイテムを着たら本当にオシャレになれるか試してみた。

ヒデヨシは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のギャルを見返してやらねばならぬと決意した。ヒデヨシにはオシャレがわからぬ。ヒデヨシは、体育会系の男である。 ジャージを着て、Tシャツを着回し暮らしてきた。けれども、侮辱に対しては人一倍に敏感であった───…

服を買いたくなる店員と、買いたくなくなる店員の違い。

「その靴は週末にはすぐに売り切れてしまいますね」「残り一足です」「その靴は間違いないですね」パドローネのダービープレーントゥシューズを買いに行ったときに、店員に言われた言葉だ。僕は最初から目的の靴を買うつもりで店に行ったのだが、店員のあま…

僕は依存症によって、意志の力を奪われていた。

このことに気付いたとき、僕は思わず 「エウレカ!」 と叫んだ。これはギリシャ語の感嘆詞で、「そうか!わかったぞ!」と何かを発見した喜びを表現するときに使われる。僕はここ数ヶ月の間、自分がプライベートで立てた目標やタスクをこなせないことに悩ん…

麻布十番の上島珈琲でミルクコーヒー飲んできた。

2017年2月3日の日経MJ新聞15面に、上島珈琲の馬場通博さんのインタビュー記事が掲載されていました。「クラシック音楽のように数百年後も残る本物のコーヒーを作りたい」そんな想いを抱き、上島珈琲の主力ドリンクメニューの開発を一手に引き受けているのが…

体力の衰えは遊び人の終わりの始まり。

僕の月曜日は後悔から始まった。僕はクラブに遊びに行くと、必ず風邪を引く。 土曜の夜に友達に呼ばれて六本木で飲み、そのままクラブに流れ込んで朝まで踊った。翌日。日曜日の昼には鼻の奥に違和感を感じ、月曜日の朝に軽く熱が出た。クラブに限らず、夜中…

僕は源泉徴収票の意味もわからず、自分がいくら税金を払っているのかも知らなかった。

僕たちは知らないうちに、命を奪われている。 毎朝眠い目をこすりながら7時に起きて、満員電車に揺られながら会社に通い、夜遅くまで働き、家に着くのは22時。 夜ご飯を食べ、風呂に入り、歯を磨くと自分の時間はほとんど残らない。 あっという間に一日が終…

恋愛マニュアルを読むより人生で役に立ったこと。

ロンブーの淳さんがこんなツイートをしていました。 恋愛をマニュアル化する本や雑誌はまず疑うべき…全て悪いとは言わないが…疑うべき…恋愛はマニュアル化できない自ら恋愛マニュアル本を過去に出しといて恐縮ですが…この歳になって気づいた事ですから…ご容…

神楽坂のフレンチ「L’Alliance(ラリアンス)」の料理が美味しくて本当に感動したので、いつか大切な日に行ってみてほしい。

久しぶりに神楽坂に行ってきました。 従兄弟の夫婦が東京に来るので、おっちゃんが美味しいレストランに連れてってやろうと画策し、予約したのがL'Alliance(ラリアンス)です。飯田橋駅のB3出口から出て1分ほど歩くと、右手側に「L'Alliance」の文字が。ドア…

5分で眺める「ITビジネスの原理」

「ITビジネスの原理」という本を読んだので、面白かった内容を紹介します。 * ITビジネスで利益を生むこととはビジネスでお金を生むためには、「商品をできるだけ安く仕入れて、できるだけ高く売る」必要があります。表現を変えると、「その商品を安いと感…

結婚相手を選ぶことはきっと、家を買うことに似ている。

* * *恋人を探すことは、賃貸を探すことに似ている。 世の中にはたくさんの賃貸があって、その中から一つだけを選ぶ。 それと同じように、世の中にはたくさんの女の子がいて、その中の一人を彼女に選ぶ。都会の真ん中にはキラキラしたタワーマンションが…

もっと、人間を、愛せ。

大成功した経営者が言っていた。「人生にはステージがある。 ステージを登っていくと、付き合う人間も変わっていく。 付き合う人間が変わっていないということは、自分が成長していないってことだ」 大学生の頃、大成功した経営者に感化された僕は、自分のス…

テンガのエナジードリンク「メンズチャージ」を飲んでみたのでムスコから感想を一言。

あのテンガがついにエナジードリンクを出した。 その名も「メンズチャージ」である。 チャージというと、ウィダーインゼリーのようにエネルギーをチャージするように見えるかもしれないが、テンガがチャージするエネルギーはカロリーではない。 チンコパワー…

料理が苦手な一人暮らし男でも簡単に作れる『野菜たっぷりの中華スープ』を紹介する。

好き嫌いの多い子供だった。 小学生の頃、給食のピーマンがどうしても苦手だった。いつまでもピーマンを残し続ける私に先生がブチ切れ、 「食べるまで貴様は帰さん」 とひたすら居残りさせられたことがある。当時好きだった田中さん(通称リナちゃん)は、泣き…

メンタリストDaiGoさんの集中力の本を読んだから、役に立ちそうな内容をまとめてみるよ!

「集中力」に関して、僕ほど悩み続けてきた人間はそういないだろう。受験勉強をしていた頃。 ペンを握って勉強しているつもりが、いつの間にかナニを握ってシゴいているなんてことは日常茶飯事だった。センター模試のマークシートを塗りつぶしていたはずなの…

「何か食べたいものある?」→「オムライス食べたい」の破壊力はヤバい。

おじさんは疲れていた。 毎日のドタキャンに。おじさんは希望を失っていた。 送るたびスルーされてしまうLINEに。おじさんは悲しんでいた。 たまに入る予定は「男」ではなく「財布」になっている現実に。 そう。この私は。 空前絶後の超絶怒涛の非モテ男 女…

セブンのサラダチキンを美味しく調理するレシピ『チキンとマヨネーズのバジル風味』を紹介する

前回の記事で、セブンのサラダチキンは疲労回復にも効くことを紹介しました。oreno-yuigon.hatenablog.comしかし、サラダチキンを毎日食べたことがある人はわかってくれると思うのですが、サラダチキンは味がサッパリしていて、だんだん飽きてくるという欠点…

疲労回復には鶏の胸肉に含まれる「イミダペプチド」が効果的なので、サラダチキンを食べよう。

「すべての疲労は脳が原因」という本を読みました。 最近は寝てもなかなか疲れが取れず、日中眠くなってしまい、仕事のパフォーマンスの低下が気になっていたからです。なぜこんなに疲れを感じてしまうのか? より効率的に疲れを取る方法はないか?という疑…

新宿3丁目のブルックリンパーラーがオシャレで合コンに使えそうだった件。

大学生の頃、「龍が如く」というゲームが流行りました。桐生一馬というヤクザが歌舞伎町を歩き回り、敵のヤクザを倒しまくるというゲームです。 ゲームでは歌舞伎町がリアルに再現されていて、僕の中では「龍が如く」のイメージが歌舞伎町の全てでした。新宿…

「22時から午前2時がお肌のゴールデンタイム」というのは嘘らしいので、現代の正しい睡眠の常識をまとめてみました。

22時から2時はお肌のゴールデンタイムなので、その時間帯によく眠ることが美容にとってとても大切だという話は、もう10年も前から言われてきました。 最近ベストセラーになったDaiGoさんの「自分を操る集中力」でも、「睡眠の質は22時から夜中の2時の間に深…

【美味しい】料理アカウントの誇りをかけて、グルテンフリーパンケーキの作り方を紹介する【絶品】

2016年。不世出の料理アカウントとしてツイッター界に降臨した私の評判は散々であった。 味への冒涜悪い方向に芸術的ひと目見ただけで口に合わないことが想像できる稀有な料理人──────。 ツイッターに料理の写真を上げるたびに、四方八方からこんな声が聞こ…

ストリートナンパをすると謙虚になれる。

自分がモテると思い始めたら、ストリートナンパをしてみるのがいい。 謙虚な気持ちになれる。私は勘違いしていた。 もしかしたら自分がモテるんじゃないかと。クラブやナンパ活動をやめた後、友達のつながりで出会う女の子は、皆優しかった。 そして、優しさ…

ちきりん著「自分の時間を取り戻そう」を読んで生産性の高め方を考えた。

ネットで話題になっていた、ちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」を読んでみました。ちきりんさんは昔の方が論説が鋭く、今はかつての輝きは薄れているように感じます。ネットで炎上して、批判している人をブロックするちきりんさんのスタンスに対して…

アダルトサイトから金を(架空)請求された話。

大学1年生の5月のことだった。 昼休みの後、3限目の授業がなかったので、友達を飯を食って、そのまま食堂で暇を潰していた。まるで暇をつぶすのが本業だと言わんばかりにダラダラと携帯電話を見ていると、知らない電話番号から電話がかかってきた。友達に一…

Amazonダッシュが話題だけど、僕は15年も前からダッシュしていた件

AmazonダッシュというAmazonの新サービスが話題です。 洗剤や石鹸のような生活用品が足りなくなったとき、Amazonダッシュボタンを押せば、いちいちパソコンを開かなくてもAmazonで商品を注文することができるというものです。ネットでは「革新的なサービスだ…

M1グランプリ2016はスーパーマラドーナの田中さんが一番面白かったと思うんだ。

今更ですが、録画していたM1グランプリを全部観ました。 元々お笑いは全然詳しくなかったのですが、すごい人を見つけました。田中一彦。僕はなぜ、こんな面白い男を知らなかったのかと、割と本気で後悔しました。 佐藤でも鈴木でもなく、田中。 クラスに1人…

奢る・奢らないは個人の価値観

吉野さんは変わった人だった。 吉野さんは2つ上の部活の先輩で、同級生に友達がいなかったのか、いつも僕に構ってくれた。 飲みに行くたびに、「うぇーい」と声を上げて札束を出し、何杯でも酒を奢ってくれた。 その代わり、トイレから出られなくなるくらい…

ふるさと納税の手順をはじめからていねいに紹介する。

12月ですね! 「今年こそはふるさと納税をやってみたい!」という人はいるかもしれませんが、いざやるとなると、少し不安になってしまうかもしれません。今日は、ふるさと納税デビューしたいという人のために、手順を一つ一つスクリーンショットを取りながら…

小説「検索刑事」を読んで、SEOとWELQ問題を考えた。

最近、WELQ(ウェルク)というサイトが信頼性に欠ける記事を多数上げていたことが問題になりました。 クラウドワークスを通じて大量の記事を発注し、網の目のようにリンクを張り巡らし、必要なキーワードをふんだんに盛り込んだ当サイトは検索エンジンに「良質…

ツイッターで「バズる技術」を研究してみた。

ツイッターを見ていると、時々何万リツイートにも到達する凄まじい拡散力を持つツイートに遭遇することがあります。 僕自身もツイッターをやっているのですが、スマッシュヒットするツイートはそう簡単に生まれるものではありません。このような「バズるツイ…