読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の遺言を聴いてほしい

これは俺の遺言だ。

福山雅治が初っ端からカーセックスする映画『SCOOP!』が面白かった(ネタバレほとんどなし)

STOP!映画泥棒の映像が終わり、場内が暗くなって、その後に喘ぎ声が流れ始めた時、僕はスタッフが間違ってAVを流してしまったのだろうと思った。映画館の大音量で女が喘ぐ声を聞くのは恥ずかしい。 隣の席のカップルがどことなく気まずそうだった。喘ぎ声が…

人を不快にするならツイートする意味がない。あるいはネット上の批判への向き合い方。

忘れられる初心 昨日ツイッターでちょっとした議論(というかプチバトル)みたいになったことを後悔し、反省している。 こんなことを記事にして何になるのかと思われるかもしれないが、このことに触れずに先に進めない気がした。ツイッターでもブログでも、露…

新海誠「秒速5センチメートル」を観て、童貞だったあの頃の清らかな気持ちを思い出した。

桜がひらひら舞い降りて落ちる様子を見て、篠原明里が言った。「...秒速5センチなんだって」「何が?」遠野貴樹は聞いた。 「桜の花びらの落ちるスピード」「秒速5センチメートル」秒速5センチで落ちる桜の花びらはまるで雪のようだった。 ★ ★ ★秒速5センチ…

夜デートで消耗しがちな人に、横浜ベイシェラトン「スカイラウンジ ベイ・ビュー」でランチデートが超絶おすすめな件

「今度、ご飯でも食べに行きましょうか」なんてデートの約束をした後、多くの人はちょっと雰囲気の良いレストランを予約して、できれば横並びの席に座り、薄暗い中で距離を縮め、隣の女の子の反応を見ながら、次はバーに誘うか家に誘うか、なんてことを考え…

成功した起業家は皆本当に、リスクテイカーだったのか?

インターネットには定期的に「自由を謳う人」が現れる。 会社員をディスり、「自由な生き方」こそが正義だと、「好きなことをやって生きる」と宣言する。 起業したり、プロブロガーになる決意表明をして、炎上するまでがワンセットだ。 彼らを駆り立たせてい…

「世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門」読んだけど正直期待はずれだった。

集中力の欠如に悩まされていた。 勉強しようとしても、スマホが気になってしまう。 仕事中も他の電話や会議の時間が気になって集中力が続かない。同じ1時間でも、集中した1時間とそうじゃない1時間では生産性が全く違う。 闇雲に時間を費やしても、何かを…

ぼくがインターネットを続けてきて学んだこと(SEO編)

最近、ツイッターのタイムラインで「副業」という単語を見ることが多くなってきました。「副業」の定義は難しいのですが、一般的には本業として会社で仕事をして、空いたプライベートの時間で事業を行い、お金を生み出すことを指します。僕自身は根性がない…

インターネットの次に来るもの 未来を決める12の法則をまとめてみる。

日経新聞の書評で「の次に来るもの」という本が紹介されていたので興味を持って速攻で購入してみました。タイトルからめっちゃ期待して読んでみたんですが、残念ながらわかりづらい(笑)翻訳が直訳気味で、書いてあることも冗長なので、何が言いたいのかイマ…

独身アラサー男にとって最強のモテマンションは汐留の東京ツインパークスである

これまで「東京いい部屋モテる部屋」というカテゴリで多くのタワーマンションの研究結果を紹介してきた。 自分が住むわけでもないのに、半年以上の期間をかけて、ある時は友達に便乗し、ある時はホムパに侵入し、少しずつ研究データを集めてきた。部屋を紹介…

堀江貴文著「ウシジマくんvsホリエモン 人生はカネじゃない」を読んだ感想

「ライフハック本を読む人間のほとんどは、人生をハックできていない人間である」というのが信条の僕にとって、ホリエモンの人生教訓を読むのはいささか抵抗があった。ホリエモン自身はすごく好きだし、言ってることはとても真っ当で素晴らしいと思うんだけ…

本当に大切なものは、失って初めて気付くもの

先日書いた記事で、「彼氏を3人作れとは何事か」というお叱りをいただいた。たしかに彼氏を複数作れというのは言いすぎだったかもしれないが、本来伝えたかったことを書き忘れていた。それは、本当に大切なものは、失って初めて気付くものということ。 僕自…

「彼女にするかどうか」なんてセックスする前に8割決まってる。

「3回デートするまでセックスしてはいけない」という話は、あらゆる女性向け恋愛本に書かれてあります。気高い女性であるために。 あるいは、理想の結婚を目指すために、簡単に身体を許してはいけないと、先人たちはアドバイスします。でもそういう教えを見…

忙しい社会人がジムに通い続けるコツを考える。

ジムに通っては辞め、また夏になると入会を繰り返してきた。 鍛え抜かれたボディを見て、「僕もやってやる」と奮起し、思い立ってからの行動は早い。すぐにジムに入会し、3ヶ月くらいは週に2~3回通い、そしてだんだんと行かなくなって辞める。また奮起し…

ルンバ654使ってみた感想

2013年にオックスフォード大のオズボーン准教授が著した論文「雇用の未来(THE FUTURE OF EMPLOYMENT)」は多くの人に衝撃を与えた。コンピューターはすさまじい勢いで進化する。技術革新が進み、ロボットがで担当する仕事が増えていくことで、今後10年~20年…

iPod nanoの液晶が割れて操作できなくなったときの対処方法

先週のことですが、胸ポケットにiPodを入れて歩いていたんです。 靴紐がほどけたから結び直そうとかがんだ瞬間、胸ポケットからポロッと、iPodが落ちてしまいました。アッ─────と思いましたね。パリンッと嫌な音がしたと思いつつ、いや、まさかな。そんな簡…

揺りかごから墓場まで、そしてパリピから家族まで、みんな大好き芝浦アイランドのタワーマンション「エアタワー」

長々と続けてきた「東京いい部屋モテる部屋研究」シリーズも第5弾となりました。 今回紹介するのは港区芝浦のタワーマンション達です。「三井は建物だけではなく、街を作る」という話を聞いたことがありますが、芝浦4丁目のタワーマンション群は三井不動産が…

"卒業した人"が住む街・豊洲の「パークアクシス」でキャナリーゼを目指せ

プロローグ 豊洲の街に立った時、僕の中から邪気が消えた。 港区に充満する金と性欲、銀座に溢れる婚活欲のような、全ての欲望が抜けていくようだった。子供たちがお父さんを呼ぶ声が聞こえた。 なんて平和な街なんだろう。ここにはパリピも婚活女子も、夜な…

親が「死んだ後の話」をするようになった。

空港に僕を迎えに来た父の腕は、枯れ枝のように細くなっていた。 小さい頃、丸太みたいな腕で、殴られたら死んじゃうんじゃないかと恐れていた父さんの腕が、今では見る影もない。「空港に車で迎えに来てほしい」と頼んだのは初めてだった。いつもは地元に帰…

合コン行ったら「年収1000万以下の男は無理」と言われた。

女と話すのは久しぶりだった。友達と、ではない。新たに出会う女子である。あの日、半年ぶりに合コンに呼ばれた僕は緊張で震えていた。男側の幹事の名はGという。 ゴキブリではない。ゴッホである。Gは優秀な男であった。低スペックな僕でも安心できるリーズ…

普通のサラリーマンにとって最強の資産運用は、ノーロードのインデックスファンドにドルコスト平均法で投資することだと思う。

プロローグ 暇な時間を持て余していた大学時代、僕はパチプロとしてコツコツとお金を稼ぎ、100万円の軍資金を集めた。 僕が大学の頃はたしか日経平均株価がわずかに回復に向かっていった時期で、本屋には・デイトレードで3億稼ぐ方法とか、・1億稼ぐ魔法のテ…

食事のマナーは親に厳しくしつけられるか、彼女にガツンと言われないと直らない

超人気ブロガーの宮田レイシープさんの「左手を添えずに食事をする人とは一緒に食べたくない」という記事を読みました。 私は他人と食事をするときにどうしても気になってしまうことがある。それは、左手をきちんとお皿やお椀に添えているかどうか、だ。食事…

駅名は地味だけどロケーションは最強!三田・田町のタワーマンション「カテリーナ三田タワースイート」

「三田・田町」という駅名を聞いたとき、第一に思い浮かべるのはかの有名な「慶応義塾大学」だろう。 田町駅から徒歩8分の位置にある私学の雄、慶應大学。 秋には一部のマニアに「天下一武道会」と呼ばれる学園祭という名のナンパ大会が開催される。昨年の秋…

QOL最強の勝どきのタワーマンション「アパートメンツタワー勝どき」

6年前、「勝どき」という駅名を聞いた時、僕はなんて地味な駅なんだろうと思った。 実際に勝どきに遊びに行った時も、何もない田舎のように見えた。あれから時が経ち、あれよあれよとマンションが建ちまくり、今では勝どきは湾岸エリアの高層マンションの象…

チャラい人なら一度は住みたい六本木のタワーマンション「THE ROPPONGI TOKYO」

プロローグ たった一人で外苑東通りを歩いていた。一緒に六本木のクラブ・V2に遊びに行った友達は早々に女の子を連れ出し、タクシーに乗って渋谷に消えた。始発まで時間を潰そうとするも、疲れ切って頭が働かない。陽気に話しかけてくる外国人を無視しながら…

なぜ金融危機が起きた時、「円」は「安全通貨」として買われるのか?

2016年6月24日11時20分頃、世界的な報道機関であるBBCより、イギリスのEU離脱の見込みが高いと伝えられた。と、同時に為替相場は大きく動き、米ドル/円相場は106円から一気に下落。 99.04円になるまで円は買われた。 2016年6月25日。 日経新聞2面の社説に以…

高級マットレスと呼ばれるTEMPUR(テンピュール)、東京西川のAir、エアウィーヴを比較してみた。

眠りが浅かった次の日は仕事の効率も落ち、1日を損した気分になります。 どんなに短時間睡眠を望んでも、1日6時間は寝ないと頭が働きません。僕にとって、睡眠は必要不可欠なもので、どうしても一定量必要なのです。 しかし、そんな睡眠の「質」について…

賃貸とマイホーム、結局どちらが得なのか?

「まだ賃貸で消耗してるの?」僕くらいの歳になると、周りの友人達がマンションを購入したり、一軒家を建てる人が増えてきます。僕が少なくない家賃を毎月払っていることを話すと、決まって冒頭のセリフを言われるのです。「毎月毎月、家賃を払ってるなんて…

アメトークの「エゴサーチ芸人」の気持ちがわかる

家でご飯を食べながら録画したテレビ番組を観てたんですが、前のアメトークが「エゴサーチ芸人」の特集だったんですよね。自分の名前をツイッターやGoogleなどで検索することをエゴサーチというんですが、芸人さんもけっこうな頻度でエゴサーチをしているみ…

~諦めなければ世界は変わる~映画「ズートピア」観た感想とあらすじ。

今更ですが、ズートピア観てきました。 ズートピアは動物たちが平和に暮らす街。肉食動物も草食動物も理性を持って、共存しています。小さな草食動物であるウサギのジュディは、警察官になる夢を持っていました。親も周りの動物も、「ウサギで警察になった奴…

テレ東の「思わず歌いたくなる!最強ヒットソング」を観て、音楽は人生の目次だと思わずにはいられなかった。

早めに帰宅してテレビをつけると、「テレ東音楽祭2016 思わず歌いたくなる!最強ヒットソング」という番組が放送されていた。コンビニ飯を食いながらテレビを流し見していたら、懐かしさがこみ上げてきた。 最初に流れたのが浜崎あゆみの「SEASONS」この曲は…

親は子供の進路に口を挟むべきなのか?あるいは子供の自主性に任せておくべきか?

中学時代、学校の頂点にいたのは、中学で一番強いヤンキーであった。 学校のヒエラルキーを上がるためにはヤンキーとして成り上がるしか方法はなく、僕はいかに悪いことをして目立つかばかりを考えていた。地獄のミサワのようにドヤるわけでもなく、田舎の公…

【鍛えたい部位別】筋力トレーニングの種目と正しいフォームの動画まとめ

夏が来ましたね! ビジネスマンの間では筋力トレーニングが流行しているようです。 日々の健康や見た目の改善のため、多くの人がジムで筋トレに励んでいます。一方、筋トレの予備知識がない場合、「ジムに入ってみたものの何をしていいのかわからない」とい…

こっぴどく振られた彼女に対する最強の復讐は、今を楽しく生きること。

はてな村で事件が起きた。 このブログの読者に「はてな村」という単語を知っている人は少ないだろう。ツイッターにキラキラクラスタやパパ活アカウント、医者クラスタがあるように、インターネットの片隅に「はてな」というサービスをこよなく愛する集団がい…

婚活サイトですげえ美人を捕まえて結婚した口下手な友人を見て思ったこと。

先週、友達の結婚式に行ってきて驚いたのは、奥さんがあまりにも美人だったことです。 顔が小さくてスタイル良くて、白いドレスが天使の羽に見えるような綺麗な方で、 「お前、やりやがったな」 と、嫉妬80%の気持ちを込めて言いました。友達はニヤリと笑い…

アカデミーヒルズが運営する赤坂の有料図書館「アークヒルズライブラリー」に行ってきました。

アカデミーヒルズが運営する有料図書館は3つあります。ひとつ目は、六本木ヒルズ49階にある「アカデミーヒルズ六本木ライブラリー」。 会員数は3,000人。蔵書数は約20,000冊で、ビジネス書が中心となっています。ふたつ目は、アーク森ビル37階にある「赤坂…

時は2016年。一時代を築いたキラキラ女子が滅び、そしてパパ活女子が生まれた。

2015年はキラキラ女子が最も輝いていた年だった。 インターネットに彗星のように現れ、その傲慢さと歯に衣着せぬ発言で多くの男達を動揺させ、多くのウォッチャーの心を踊らせたキラキラ女子。次々とアップされる豪華な食事の写真。 ホテル、時計、そしてLIN…

もうすぐ最終回の「僕のヤバイ妻」に学ぶ、彼女のメンヘラスイッチを押さない方法

「僕のヤバイ妻」というドラマが面白い。 いつもなら右手にアレを握ってパソコンを見ている僕も、 火曜の22時からはテレビを見て手に汗を握っている。 このドラマの何がヤバイかというと、登場人物全員ヤバイのだが、際立っているのが木村佳乃演じる「マリア…

アマン東京ザ・ラウンジのブラックアフタヌーンティー頼んでみたけど、甘すぎて食べきれなかった話

何かきっかけがあったときは、「とりあえずやってみる」ということが重要だと思ってます。 たとえば、尊敬する先輩が「この本よかったよ」なんて言ってたらとりあえず買って読んでみる。 信頼している友人が「この映画本当に面白かった」なんて言ってたらと…

iPhone6sのタッチパネルが反応しなくなったときの対処として試みたこと。

図書館で本を読み、疲れて一休みしようとLINEを開いた。 例のごとく誰からもLINEが来ることもなく、ホームボタンを2度押しして、LINEをスワイプする。上の方にアプリを弾こうとしたその時、iPhoneの画面が固まった。 iPhoneが全く反応しなくなったのだ。なん…

爆速でアニメ化した「僕のヒーローアカデミア」が面白すぎてkindleで全巻大人買いした

僕は小学校2年生の時からオッサンになるまで、たった一週たりとも週刊少年ジャンプを欠かしたことはない。小学2年の時に初めて見たジャンプでは、ドラゴンボールが巻頭カラーで掲載されていて、悟空がちょうど超サイヤ人になったところだった。僕はスクール…

六本木ヒルズ51階、六本木ヒルズクラブにあるレストラン「fifty-one」でランチしてきた。

ふと思い立って六本木ヒルズクラブに侵入してきたので、レポートを残します。 六本木ヒルズ49階の図書館「アカデミーヒルズ」の会員になれば、ランチだけ食べることができるのです(夜はヒルズクラブの会員限定)アカデミーヒルズの記事はこちらにあります。 o…

社会に出て一番役に立った受験科目は「現代文」だと思う。

「大学受験の勉強は社会に出てから役に立たない」という話をよく聞きます。 詰め込み型の教育はテストの点取り競争になり、その知識は忘れ去られ、社会に出てからは何も使わないと。実際、ほとんどの人はいちいち生物のミトコンドリアの話なんて覚えてないだ…

僕は何度も何度も短時間睡眠を試み、そのたびに失敗し、睡眠時間の確保は絶対必要だという結論に至った。

睡眠時間を3時間に減らせたら、どんなに素晴らしいことだろう。 16歳の頃からずっと思ってた。短時間睡眠を習得したら、一日に使える時間が4時間も増える。 そうしたら、勉強もできる。 遊ぶこともできる。一日4時間、多くの時間が使えるとしたら。12年で17,…

日経新聞でよく見る「FinTech」という言葉がよくわからなかったので、入門書を読んでまとめてみた。

日経新聞を読んでいると、3日に1回くらい「FinTech」という単語を見ます。 現在の流行(2000年代のITバブルのような)を理解するにあたって、FinTechの理解は必要不可欠なものなのでしょう。いつまでも理解を曖昧なままにするのは気持ちが悪いので、本を一冊読…

停電事故で遅延する東海道線の中で考えたこと。

7:30 2016年5月12日。木曜日の朝だった。 みなとみらいにあるクライアントのオフィスに行くために東京駅から東海道線に乗り換えた。朝の下りの電車はそれほど混まないとはいえ、座れるほどはすいていなかった。 僕は仕方なくドアの横に立ち、静かに本を読む…

シャイニング丸の内さんがおすすめしてた「外資系金融のエクセル仕事術」という本を読んでショートカットにこだわったら作業効率が改善した。

先週話題になったシャイニング丸の内さんのExcelの記事を見て心動かされるものがあったので、早速おすすめされていた本を買って読んでみました!「外資系投資銀行のエクセル仕事術」という本です。割と知ってる内容も多い上に、1時間半〜2時間程度で読める本…

18年間恋人がいなかった東大生が秒速で彼女を作る条件

プロローグ 小学校6年生のとき、初めて女子に渡されたラブレターにはこう書かれていた。 「私は、ヒデヨシくんの顔を好きになったわけではありません。やさしいところが好きです」 中学に入り、クラスの入り口に女子の人だかりができた。 他の小学校から来た…

映画「ちはやふる下の句」を観て、部活で学んだチームプレイの大切さを思い出した。

「ちはやふる」上の句に続いて下の句が公開された。 下の句に関しては公開初日に観に行ってきたのですが、これがなかなか面白かった。僕は昔から体育会系の部活をやっていたので、こういうスポ根系の部活の話に心を打たれてしまう。 仲間と一緒に全国大会を…

若者よ、非モテを恐れるな。

ネットでは「非モテ」は嘲笑の対象となる。 非モテというのは異性に相手にされない状態とされている。「非モテ」であることを恐れ、「非モテ」にならないように、あるいは自らの力を証明するかのように女遊びを繰り返している人がいる。 皮肉なことに、そう…

映画「アイアムアヒーロー」を観てきたんだけど、予想通りグロすぎて泣いたw

人生で一度だけ、最後まで見ることができなかった映画がある。「テキサス・チェーンソー」という映画だ。常に恐怖と死が隣り合わせにあるこの映画は、15分おきに人が切り刻まれる様子が描かれていて、当時の純情な僕は耐えることができなかった。友達に誘っ…